塗替えのサインを見つけて下さい!自分で塗替え時期が解りますよ!


家を調べる
屋根や外壁の塗装時期はサインが有ります!! 自分で分かりますよ!
いくつかのチェックポイントをご紹介します。
塗装の剥がれ
一番わかりやすいのは、塗装の剥がれではないでしょうか?誰がみても一目瞭然だと思います。塗装の剥がれると、下地材が出ているので、劣化を早める原因になります!
外壁ヒビコーキングの切れ
次によく解るのは、ひび割れとコーキングの切れです。塗料の剥がれも、壁のひび割れや目地のコーキングの切れは自分の目でしっかりと確認しやすいですよね!
ひび割れは地震の揺れや寒暖の差による膨張収縮が原因でおきます。
小さなひび割れで補修をすると簡単にすみます。ひび割れが大きくなってしまうと、雨漏りなどの原因になってしまい、大がかりな修復になってしまう事になります。
コーキングは外壁材の継ぎ目を埋めるものですが、経年劣化で10年くらいで切れてきます。継ぎ目の目地が切れるとそこからひび割れと同じように雨漏りの原因につながります!
色あせチョーキング
色褪せは、経年劣化で色が抜けきたのが見た目で解り、防水能力が落ちて来ているということです。チョーキングとは壁に触れると、手に白い粉がつく状態の事を言います。塗料の劣化のサインの一つで色褪せ同様、防水効果が低下している状態です。
上記の様な状況は自分で確認が出来ると思います。ぜひ、チェックして、塗装の時期を見極めて下さい。塗装をそろそろと思っているお客様は、街の屋根やさん西宮店にご連絡下さい。