台風21号の被害波板 兵庫県伊丹市


いまだに2018年の台風21号の被害跡が残っています。関西地方では、かつて経験のないほどの強風で 波板や、たらすの屋根材のポリカ、瓦など 修理のできていないところが多く残り、お正月にお里帰りの友達などは 大変だったのね・・・と驚いていました。まだ下見に伺えずお持ちいただいてお客様も多数いらしゃいます。工事にこぎつけるまで、見当もつかない状態です。材料も不足しており、なんといっても工事をしていただく職人さんのいらしゃいません。
本当に申し訳ございません。もうしばらく時間はかかりますのでお待ちいただくようお願いいたします。
波板テラス屋根
客様よりご連絡をいただいていました、やっと下見に行くことができました。2018年台風21号で波板が飛んでしまいました。
いまだに台風21号の被害の修理など間に合わない状態が続いています。


波板テラス 物干し
現場にて、採寸・何の材料が必要なのか?など調査いたします。
テラス2階現状確認
作業をするにあたって足場が必要なのか?足場が必要な場合は、足場を立てる場所はあるのか?どのような状態か?など下見いたします。
足場材
足場とは、このような資材をくみ上げて作ります。
十分に下見をし、見積を提出いたします。

工事をご契約いただきましたら、きっちりといろいろな事をお客様や職人さんなどと打合せをします。