雨樋の交換


雨樋の重要性
雨樋がガタガタになっていると雨樋で水がちゃんと流れず、雨樋の途中から雨水が溢れてしまい、左の図のように外壁を伝って流れるのでダメージを受けてしまい、結果、お家にはよくない事になってしまします。
雨樋交換の作業の順序を簡単に説明します。

足場の設置

足場の設置
雨樋の交換をするには、先ず、足場を設置が必要です。

古い雨樋と金具の取外し

雨樋の変形劣化
左の写真の様に、金具もかなり、劣化と歪んでいるので雨樋と一緒に取外し、新しいものに交換します。

勾配の確認

水糸
水糸で屋根の勾配を確認し雨樋を取付て行きます。

新しい雨樋と金具の取付

既設新設雨樋
元の雨樋と同じサイズの雨樋があれば傷みや歪みのおある部分を取替します。
同じサイズの雨樋が無い場合はすべて取替えとなってしまいます。

排水検査

雨樋排水テスト
新しい雨樋の取付が完了すると少量の水を流し一定方向に流れて行くか確認する、排水検査を行い、排水がしっかり行われているかの確認をし、工事は完了となります。

台風や強風などの被害で、雨樋が落下したり、歪んだり、止め金具が外れたりしていませんか?
土などが溜まって、水が流れなくなってませんか?
こんな状態を確認するのも上から見ないとわかりませんね?
点検や工事はのご相談はいつでもお気がるにご相談して下さい。