マンションの硝子屋根より雨漏り 目地材(コーキング)打ち直し工事


雨漏り

マンションの管理人様から「マンションのエントランスにあるFIXガラス屋根(開け閉めが出来ないガラス)から雨漏りしているようなので困っている。」とご相談を頂きました。   

雨漏り硝子屋根
現場調査にお伺いいたしましたら、ガラスには、ひび割れも見当たりません。

あちらこちらと細かくチェックしました所、雨漏りの原因は、硝子屋根とサッシ枠と床との隙間をふさぎ防水機能を果たすはずのコーキング(目地材)が劣化しているからだと判断致しました。 
コーキングより雨漏り

  

IMG_2155_01-simple-overlay
こちらはサッシの穴部分から雨漏りが見つかりました。雨水が溜まりオーバーフローしたのでしょう。この穴も塞ぎます。
継ぎ目コーキング

古くなったコーキングをはつります。室内側・室外側からと新たにコーキングを打ち直し、補修をさせて頂きます。

今回の原因は、古くなったコーキング(目地材)からの雨漏りでした。何十年もたつとコーキングも太陽や雨風にあたり痩せていきます。その時は、まずコーキングの打ち直しをして原因 を追究していくのが良い方法だと思います。

雨漏りは、雨が降らないと原因探しが難しい場所になります。

今回は、コーキング打ち直し工事で雨漏りが止まっているようです。

お客様からは「これで雨漏りの心配がなくなった。とても助かった。」と安心とお喜びの声を頂きました♪