雨漏りの原因は瓦のズレだった  


瓦のずれ
雨漏りの原因はさまざま有りますが、今回は、瓦がズレ雨漏りが発生した、例のご紹介をします。
左の写真の様に瓦がずれて浮いている状態を放置しておくとその場所より雨水が浸入し、野地板まで水が伝わっていき雨漏りが発生します。
また、左の写真で瓦の色が違う箇所が見えますがそこもその都度修復されております。
今回の状況は野地板まで損傷した状態になっていました。その損傷は屋根に人が乗るとスッポリと足が入ってしまうまで木が腐食した状態です。広範囲に野地板まで腐食してしまうと屋根の葺き替えが必要となります。
瓦屋根葺き替え
瓦を1枚ずつ取はずし、土葺の土を全部屋根から降ろします。野地板もすべて取外し、新しい野地板を取付け、アスファルトルーフイング(防水紙)貼りることにより、雨漏りの心配はなくなります。
瓦からガルバへ
瓦から軽くても丈夫な金属屋根ガルバリウムの屋根材を新しい屋根材として取付ます。土葺の瓦とは違い、屋根材を葺く時間は短くてすみます。
ガルバリウムの屋根材は断熱性がよく、重さは瓦の1/10の軽さです。雨音は芯材が入っているので気になりません。
屋根葺き替
ガルバリウムの屋根材はカラーの種類があるので、母屋の屋根の色とマッチするカラーの屋根材を葺き、落ち着いた感じになりました。