足場とは? どんなもの? 兵庫県伊丹市


足場材
屋根の工事には、かかせない足場というのもが必要になります。
勾配のきつい屋根などは、下見するにも足場がないと・・・見れないですね。と言われたことはありませんか?
足場がないとできない工事は、たくさんあります。
縁の下の力持ちである足場です。

材料的には、とてもシンプルです。
現場より、足場の組立てを考えなくてはなりません。
作業をする人の、安全を考えて組み立てて下さるのです。
この組み立て作業は、足場屋さんが行います。

今は鉄パイプと踏板部材などを組みたてるのです。

足場材 踏板
建築現場では、建物が出来上がるまでカバーが取り付けられています。安全や防音・ほこりよけの意味もあります。
足場は、仮に建てるだけです。仕事がすべて完了しましたら、また解体されます。

どんなに立派に組み立てても、仕事が完成・完了した解体します。
現場現場で建物の大きさが違います。規格などありません。
組み上げる職人さんが、現場の状況を把握し組み上げるのですから、感心いたします。もちろん色々な職種の方がその工事の時に使います。

足場の材料
足場組立作業途中
作業もてきぱきとこなされて、ベテランの職人さんの組立てた足場。屋根工事には、なくてはならない物です。