瓦とスレート屋根材、断熱効果に違いはある?


瓦屋根
瓦屋根
粘土でできており耐久性が高く、遮音性に優れていますが、重量があり、耐震性は高くありません。価格もスレートより高いです。

天然スレート
スレート屋根
セメントで出来ている瓦です。色の種類が豊富で、デザイン性が高いのもポイントです。瓦ほど重量がないので耐震性もあります。

冬場暖かいのはどっちの屋根?


屋根を断熱すると言われても中々ピンと来ない人が多いのではないでしょうか。

そもそも屋根の断熱とは何かご説明致します。
暖房やヒーターをつけていても室内がなかなか温まらないことはありませんか?
それは室内の暖かさが外部へ逃げているからなんです。
また、夏場はその逆でクーラーの冷気が外部へ逃げてしまい、室内が中々冷えなくなってしまいます。
屋根の断熱というのは、熱が外部に逃げないようにすることなのです。


和瓦の断熱効果

桟瓦
和瓦は、粘土(陶器)でできていてもともと高い遮熱性があります。瓦の形が波打ったような湾曲した形なので、屋根材と屋根の防水材などの間に十分な空気層ができます。瓦と屋根の下地材の間にできた空気層のおかげで、断熱効果が高まっているというわけなんです。
屋根スレート
スレート屋根は、下地との間に隙間がありません。
空気層がないので、断熱性は低くなってしまいます。こうした平らな屋根材の場合は、スレート屋根に遮熱塗装などをして断熱性能を高めるのです。

屋根のご相談お気軽に♪

瓦の断熱性能は、スレートより高いということですね。
古くからある和瓦も冬に耐えられるように作られていたのです。

下見・お見積りは無料ですので、屋根の断熱、そのほかのお悩みお困りごとはお気軽にご相談ください!