銅板の屋根やトユ 兵庫県西宮市


銅板の屋根 大原三千院
神社仏閣に多い銅屋根です。銅屋根は、板金屋さん腕の見せ所です。銅板状の物をカットし、折り曲げたたき サイズに合わせて製作するフルオーダー品です。葺いた当初は、10円玉の新品のキラキラと光った美しい屋根や雨トユです。美しい輝きがありますが、ずっとキラキラしてるのではなく、大気に触れることによってだんだんと色の変化があります。
銅板の雨トユ
銅板が緑青に生成していくことは、皆様ご存知だと思います。10円玉もいつまでもピカピカしてるわけではなく、普段手にする10円玉は、ほとんどが茶色ですよね。

銅板の屋根やトユもブロンズと呼ぶ銅色ですね。

銅板の屋根は、高価ですが重さは軽くなり長持ちします。
銅板板金雨トユ
銅の耐候性は抜群です。数十年以上の使用にも耐えうることができます。メンテナンスとしては特に手間がかかりません。メンテナンスフリーな材料となります。
板金銅板緑青
銅板の魅力としては、色が大気に触れると色が変色する。
緑青です。りょく(緑)を生み出すには、20年以上の年月がかかります。個人宅でも昔のお宅は、銅板を使ったトユもありますね。