屋根材量 ガルバリウム鋼板屋根 西宮市


屋根葺き替
地震や台風以後 瓦屋根から金属製の屋根材に葺き替え工事が多くなっています。瓦の重さより軽いので家にも負担がかかりません。2018年の関西の地震や台風21号の被害は淡路島の瓦の産地も被害にあい材料がないのです。金属製の屋根材も人気です。材料は、依頼が多くて不足気味です
ガルバリウム鋼板
わが社でも、こちらの福泉工業㈱のMFシルキーがよく出ています。1坪あたりにの屋根にかかる重量を比較してみますと、日本瓦は、1坪当たり150㎏です。

MFシルキーの場合は、1坪当たり17㎏ 約10分の1の軽さ。建物への負担が少なく、施工もスピーディです。
工事期間の仮住まいは不要です。ご安心ください
断熱材入り
黄色くみえています部分は、硬質ウレタンフォーム(ノンフロン)を吹付けてるので(9㎜)気になる雨音が軽減されます。断熱効果も抜群です
MFシルキー
高級感ある意匠性。地震から守る(軽い)。今のお宅の屋根がアスベストを使っていても葺き重ねてしかもアスベストの流出を抑える工法ですので安心です。

メンテナンスコストも低減されますこと間違いなし

瓦のほかにもいろいろな屋根材があります。ご相談くださいませ。