西宮市 ガルバリュム鋼板の屋根はどんな屋根?


伊丹市屋根材張り作業9
写真の屋根はガルバリユム鋼板の屋根です。
よく見かける屋根だと思いますがどんな特徴がある屋根材かと言うとまず、耐候や断熱性もあり、昔からある瓦と比較するととても軽いので、耐震性もUPする屋根材です。
DSCF1329-simple-overlay
昔からトタンの屋根が流通していましたが、現在ではガルバリウムの屋根に変って来ています。トタンよりもガルバリウムの屋根の方が耐用年数が長いのも変わってきた理由の一つと言えるのではないでしょうか?
苦楽園屋根カバー工事9
ガルバリウムはアルミに亜鉛等をメッキがされその上に遮熱塗料が塗られています。
なので、夏の暑い時でも大丈夫なのです。
錆は大敵なので10年位で塗装が必要となって来ます。瓦の1/8くらいの重さなので耐震性もupします。
屋根のカバー工法にも適しており、カバー工法をする事によってより屋根の断熱性がupします。

次世代のガルバリウム屋根もあります。屋根の葺き替えやカバー工法をお考えの時はガルバリウムの屋根材も検討の一つにして下さい。