破風と鼻隠しとは


破風と鼻隠し
破風と鼻隠しにはどんな役目があると思いますか?
お家を守る為の役目をしています。写真を見て頂いても同じような場所なのに、呼び名が違いますね?ケラバと軒の違いと同様に、妻側にあるものを破風といい、軒側を鼻隠しと言います。

破風と鼻隠しの違い

破風
ケラバの端の側面にある部分を破風と言います。使用されている部材の形状から、破風板呼び、文字通り風を切る役割をしています。
鼻隠し
鼻隠しの軒の先端にある部分をいい、垂木や、母屋、桁などの先端部を隠すします。
破風との違いは、鼻隠しに雨樋を取付けます。一番の違いはこの点です。
破風と鼻隠しの共通点は、特に台風など強風雨から家を守る役割をしています。破風板や鼻隠しで、屋根や壁のすき間などからの吹込みを防ぎ耐風性を向上させる役目をしています。

防火性は破風板でアップ

切妻屋根
破風板があることで防火性がアップするのです。昔は厚みのある木材を使用する事により雨水の侵入や耐風性に考慮するとと共に延焼までの時間を稼ぐ事が出来ました。最近では、石膏ボードやサイデング、鋼板などで仕上げ、防火性を高めています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599