地震や台風の被害後のブルーシートは業者に依頼しましょう!


地震屋根壊れる
大阪北部の地震で阪神大震災を思い出された方も大変多いと思います。被害に遭われた方は現在も大変なご苦労があり、後片付けも大変な思いをされていると思います。
くれぐれも今後いつ来るかわからない余震に気を付けて用心して下さい!
屋根養生固定
地震や台風の後にはブルーシートがかけられて、雨をしのいでいる屋根をよく見かけますね。雨をしのぐだけではなく、2次災害を防止する役目もブルーシートには有ります。
土葺の瓦屋根では、瓦が落ちずに残っていても、風や振動、余震で瓦が落ちてくる可能性がある為、ブルーシートで覆うことにより落下を防ぐ役目も果たします。
屋根
ブルーシートを掛けることによって、雨が降っても家の中に雨水が入ることを防ぎ、家や、家の中を守ることになります。
また、くれぐれもご自分で屋根に上ってブルーシート張ることは危険です。必ず業者の方に頼んでブルーシート貼って下さい。
屋根の上は高いだけでなく、瓦が落ちてきたり、屋根の下地が腐っていたりすると大変です。
ケイミュー屋根材
今回のような震災で屋根の葺き替えをご検討の時は、軽量な屋根への葺き替えをお勧めします!
樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦やスレート屋根材・金属屋根材で軽量・強度・遮熱などの性能を持つものもございます。左の写真は、ケイミュー(株)の屋根材の一例です。
屋根のご相談は街の屋根やさん西宮店にご連絡下さい。