オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市 金属板立てはぜ葺き・棟包みとは??


金属板屋根
金属屋根の金属板立てはぜ葺きとは?
金属板をつなぎ目で折り曲げて立ち上げてつないで葺く方法です。

はぜとは?板金(ばんきん:常温でに金属加工)で金属板をつなぐ際の継ぎ目のことです。英語ではシームといいます。継ぎ目のない金属板はシームレスと呼ばれています。
金属屋根
継ぎ目から、水が入らないようにはぜを立てているので、立てはぜといいます。はぜの中に、野地板を留めるための金物を所々に入れて、一緒に折り曲げます。
棟包み
棟包み(むねづつみ)金物とは、屋根の上についてる棟に三角の物かぶせます。棟を包みための金物です。雨仕舞い上に必要な金物です。両側の屋根の隙間から水が浸入してしまいます。屋根のほかの部分では屋根が重なるので水は侵入しにくいのですが棟の部分は、両側の屋根が付き合わさるので水が侵入してしまいますので棟の上に△の棟包みをかぶせます。
屋根
隙間はふさがりますが金物を留める釘やネジの頭から水が入るのをふさがなくてはなりません。釘の上をシーリング材などで覆ってくと安心です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599