なぜ雨漏りするのか?耐久性のバランスが違う!


屋根現場調査
なぜ雨漏りするのか?耐久性のバランスが違う!について

屋根瓦・下葺材・野地板のそれぞれの材料は、耐久性に差があります。

瓦は、80年経過しても、持ちこたえています。その下にある下葺き材は、30年で劣化してしまいます雨が漏ると、その下にある野地板は、速やかに腐食するのです。
雨漏りの為に野地板が腐食して補修する場合は、上から順番に撤去しなくてはいけません。
雨漏り調査
瓦の撤去は難しく、再利用しようとするなら丁寧に降ろす必要があります。本来長い期間持つ瓦が、撤去・葺き替えにかなり費用がかかる為 新しい瓦や屋根材になる事が多く、瓦は、耐久性があるのに他の材料との耐久のバランスが悪くなるのです。
瓦修理現場
屋根や外壁のように外部に面する部分は、建物の雨水侵入の可能性があります。穴をあける開口部など、取合いの継ぎ目部分など問題となります。
1次防水でカバーできない部分を、2次防水の下葺き材(アスファルトフェルトや透湿防水シート)を使い、2次防水で雨水を防ぎます。
屋根修理
※写真は、イメージです。