日本の三大瓦 西宮市 


淡路瓦は400年の歴史のある伝統工芸的地場産業だそうです。瓦の形状の種類は数千種類にもあり、いぶし瓦・陶器瓦や淡路独特の窯変瓦が作られています。窯変瓦とは、釉薬を使用せず、いぶすこともしないで炎の加減だけで焼き色を調節するという独特の製法で作られます。


淡路瓦

淡路瓦
淡路瓦は400年の歴史のある伝統工芸的地場産業だそうです。瓦の形状の種類は数千種類にもあり、いぶし瓦・陶器瓦や淡路独特の窯変瓦が作られています。
窯変瓦とは、釉薬を使用せず、いぶすこともしないで炎の加減だけで焼き色を調節するという独特の製法で作られます。

石州瓦

石州瓦
石州瓦は赤い瓦として有名です。この赤い色は、出雲地方の含鉄土石「来待石」を釉薬に使用することに起因しています。産地は、島根県石見地方です。こちらの瓦の特徴は、瓦を約温度が1200℃以上の高温で焼かれる事です。凍害に強い特徴を持っています。日本海側などの豪雪地帯や寒冷の北海道で高いシェアになっています。
東大寺大仏殿
三州瓦の歴史は古く奈良の東大寺大仏殿にも使われたそうです。三州瓦:愛知県(三河)として江戸時代より広く知られていたそうです。
三州瓦の特徴は耐震テストを行い、 「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」による施工で、阪神淡路大震災クラスの地震予想される東海大地震も想定されています。
そのほかにも、製品性能の耐久や耐水・耐寒、耐候・断熱・防音・快適・環境性能のテスト確認もされています。