オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

西宮 結露から屋根外壁を守る


宝塚市築15年スタッコ壁の住宅
【西宮 結露から屋根外壁を守る事の大事さ】結露が発生しやすい時期になると、今まで気にしていなかったお家の屋根、外壁の傷みが気になり出したという方が多く、今回は屋根、外壁を梅雨のジメジメ時期から守るメンテナンス方法をお伝えさせていただきます。
西宮市劣化で穴あき
【劣化状態でメンテナンス方法が違う】

劣化状態その⓵
錆て穴が空いてしまった場合。

屋根材、外壁材の中には鉄が使用されている箇所があります。
鉄が使用している箇所は劣化が進むにつれて錆がひどくなり、最終的には錆てしまった箇所に穴が空いてきてしまいます。

穴が空いた箇所をそのままにしておくと雨が降るたびに穴に雨水が浸入してしまい、室内に雨漏れを発生させてしまいます。

メンテナンス方法としては、錆てしまった箇所に塗装をして防水効果をもたせてあげる方法になります。

※塗装工事の内容に関しては←こちらをクリック
尼崎市雨漏れ箇所
劣化状態その②
防水効果がなくなり雨漏れしている場合。

屋根には陸屋根と呼ばれる屋根があります。

陸屋根は平らな屋根になっていて、水はけが悪いため、定期的なメンテナンスを行わないと雨漏れが発生しやすい場所になります。

防水シートが劣化すると防水シートをつなぎ合わせている部分に亀裂が入ったり、浮いてきたりして雨漏れを発生させてしまいます。

メンテンナス方法としては今の陸屋根の上から新しい防水シートを敷いてあげるか、ウレタン塗膜防水を施してあげるかになります。

※シート防水工事に関して←こちらをクリック

西宮市窯業系サイディング目地劣化
劣化状態その③
外壁目地に亀裂、隙間が発生している場合。

外壁材には目地と呼ばれる箇所があります。

目地の主な役割は雨水の侵入を防ぐ事と衝撃から外壁材を守ってくれる事になります。

大事な役割がある目地ですが、やはり経年劣化が進むと
目地が縮んだり、切れたりしてきます。

目地が縮んでできた隙間や切れた隙間から雨水が浸入してきてしまう場合があります。

メンテナンス方法としては目地を新しい目地に交換する方法と目地の交換+塗装をする方法になります。

※目地に関しては←こちらをクリック

※外壁塗装に関しては←こちらをクリック

西宮市板金つなぎ目
劣化状態その④
屋根材の継ぎ目に使用されている目地に隙間が発生している場合。

屋根材には屋根材のつなぎ合わせの部分に目地と呼ばれる箇所があります。

形の異なるものが合わさったときにできる隙間を埋めるために目地を使用しています。

屋根は太陽の熱や雨水をとても受けているので、外壁に比べて劣化スピードが速いです。

この目地の隙間から雨水が浸入すると内部にある木部を腐食させたり、板金材が取れやすくなったりしてきます。

メンテナンス方法としては屋根塗装工事になります。

※屋根塗装工事に関して←こちらをクリック

※屋根塗装施工に関しては←こちらをクリック


西宮市カラーベスト屋根
【劣化は軽いうちに修繕することが大事】
屋根や外壁は劣化が進みひどくなるほど、修繕費用が増加してきます。

また修繕時期が遅くなればなるほど屋根、外壁に使用されている本体の耐久性も低下してしまいます。


西宮市窯業系サイディング壁こけ付着
まずは無料点検、無料診断にて現状の屋根、外壁の状態を把握されることをおススメ致します。

※無料点検無料診断実施中←こちらをクリック

※無料診断書も作成しています←こちらをクリック

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599