オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市戸建てベランダ手すりを塗装する際の手順


西宮市手摺塗装
【ベランダ手すりを塗装する必要があるの?】戸建ての塗装のご依頼を頂いた際に、よくお客様よりベランダの手すりも塗ったほうが良いか聞かれることがあります。鉄の手すりであれば、手すりに塗装をして保護してあげたほうが手すりの耐久性が上がり、美観も保たれるので、塗装をしたほうが良いとアドバイスをさせて頂きます。
西宮市手摺サビ落とし
その中で、良く見積書の記載に手すり塗装は一式と記載されている場合があります。
手すりの塗装も手順があり、しっかりと手順を踏まないと、耐久性、美観が保たれない施工になってしまいます。

そこで今回は手すり塗装の際の手順を具体的にお伝えさせて頂きます。
西宮市ベランダ手すり
【手順1 下地調整 ケレン作業】
手すりは下塗り1回、上塗り2回を塗布して完成させます。

まずは塗料の密着性をよくするために、既存のベランダの手すりをシンナーを使って油分やゴミ水垢を取り除いていきます。

また劣化が激しい手すりは錆も付着していることがあるので、たわしやハンドパットで手すりに付着している錆も取り除きます。
西宮市手摺サビ止め作業
次に【目荒らし】と言って手すりの表面をサンドペーパーで研磨していきます。

これは塗料の付着面を増やす作業になります。

手すりは塗料が剥がれやすい箇所になります。

そのため丁寧な下地調整が大切になります。
西宮市手摺サビ止め作業
【下塗り作業】
下地調整が完了したら、下塗り作業に入ります。

下塗り作業は上塗り材の塗料と手すり表面の密着性をよくする接着材になります。

この下塗り材をきっちり塗布しない状態で上塗り材を塗布してしまうと早い段階で塗膜剥離が発生してきて塗装の効果がすぐ無くなってしまいます。

またこの下塗り材には錆の発生を抑えてくれる成分が入っている下塗り材もあります。

手すりの劣化で一番目につくのが錆になります。
そのため下塗り材を選ぶ時は錆止め入りを選択するのが基本となります。
西宮市手摺塗装2回目
【上塗り材を塗布】
下塗り材を塗布したら十分乾燥させます。
そして最後に上塗り材を塗布していきます。

上塗りは2回に分けて手すりに塗布していきます。

2回に分けるといっても1回目に手すり全体に上塗りをして、すぐに2回目の上塗りをしてはいけません。

1回目の上塗り材を塗布した後は十分乾燥させてから2回目の上塗り材を塗布することが大事になります。




西宮市手摺ウレタン塗装
塗料は固まって初めて膜が形成されます。

乾燥していな状態の上に2回、3回と塗料を塗布しても、膜が形成させていないので全く意味がありません。

ベランダ手すりの上塗り材は沢山の種類が存在します。
一般的には弱溶剤2液型の塗料が選ばれることが多いです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599