西宮市 屋根で知っていただきたいこと


屋根カバー工事
新築などで屋根をの事で考える時に これだけは知っておいてほしいことがあります。
日本は雨が多いので傾斜した屋根をつけたほうが良い。望ましいということです。
その家に30年済続けるのか?で屋根材を選ぶ基準も多少変わってくると思います。
傾斜した屋根の場合は、雨が流れ落ちますので30年以上雨漏りしないことがほとんどのようです。傾斜した屋根をつけた方が安心ですね。メンテナンスの事も考える回数が断然減ります。シンプルな屋根が一番理想的です。

写真は、金属屋根 ガルバニウム鋼板です。
日本瓦
昔からある、皆様に一番なじみ深い屋根材、日本の瓦です。
お寺や神社など 歴史的な建物には瓦が葺かれていますので現在も残っているところが多いです。長もちは瓦がだんとつ持ちが良いようです。

屋根のなかでも急傾斜でシンプルな物の方が防水性はいいです。屋根裏の換気もきちんと対策してください。換気をおろそかにすると結露が発生したり、断熱を取りのが難しかったりします。
スレート屋根
スレート屋根です。瓦よりはメンテナンスの回数は多くなります。
屋根の形
屋根の形も色々あります。