オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市 野地板の種類


西宮市瓦屋根葺替え12
野地板は瓦などの屋根材を支えるために張る板の総称です。垂木の上に張る板の事で、普段は見えません。野地板の上に防水シート(アスファルトルーフィング)、その上に屋根材が葺かれるので屋根を新しく葺く時や葺き替えの時しか見れません。
最近は構造用合板がよく使用されます。
土も下す
屋根の葺き替えの時写真のような野地板を見ることがあります。40年くらい前はバラ板(小幅板や荒野地とも呼ばれています)という下地材が使用されていました。
新しい野地板
バラ板は隙間を設けて張るので通気が確保されるので、腐食しにくい利点があります。40年くらい前の屋根の葺き替えをする時は、下地材として劣化が進んでいない場合はバラ板の上に構造用合板を張り野地板を重ね張りします。メリットh撤去費が不要になり、撤去の工期も不要になります。
防火用野地板
野地板は構造用合板やバラ板の他に、杉板も使用されます。また、耐火野地板というものもあり、建築基準法で定められている準防火地域や防火地域では耐火野地板の必要性があります。例として、左の写真が耐火野地板と呼ばれているものです。

野地板は用途により構造用合板や杉板、バラ板が使用されています。見えない所ですが、葺き替えされる時には少し見て頂ければと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599