沖縄の屋根瓦は台風に強い?


琉球瓦
沖縄の瓦屋根は、赤くて特徴的です。琉球赤瓦と呼ばれる
瓦。台風の多い沖縄県、特に風により被害で瓦屋根が飛んでしまうと2次災害をも巻き起こしてしまいます。沖縄県の方々が屋根にどのような台風対策をしているのが探ってみます。


首里城改修作業中
沖縄で赤い瓦が使われ始めたのは、いつごろなのでしょうか?17世紀後半から作られ伝統瓦。当時の瓦は、首里王府によって制限されていたようです。この制限が解除され一般庶民の方が自由に使えるようになったのは明治22年以降のようです。

首里城
琉球瓦は、台風に強いのはなぜ?

沖縄は、夏から秋にかけて猛烈な台風がきます。ただ瓦を並べただけでは十分ではありませんね。すぐに瓦は、吹っ飛んでしまいます。そこで、瓦が飛ばない様に漆喰が男瓦の側面と継ぎ目に塗られています。台風の被害を最小限にするための沖縄の人達の知恵と工夫がされています。
沖縄の赤瓦
琉球瓦は、吸水性がよく、通気性も良いので屋根の木構造を湿気から守り、強烈な日差し、建物の温度の上昇を和らげる効果もあるようです。