折半屋根てどんな屋根でしょう?


折板屋根形
絵の様な形の屋根を見たことは有りませんか?こんな形の屋根を折半屋根と言います。
読み方は、『セッパンヤネ』と読みます。
こんな形の屋根は工場や倉庫の屋根として使用されることが多い屋根です。
鋼板を折り曲げて強度を高めるため加工されているます。
屋根塗装工事仕上げ7
写真の様な屋根が折半屋根です。
昔はトタンが使用されてきましたが、現在はガルバリュウム鋼板が主流です。高価なステンレスも耐用年数を重視する場合は使用されます。
工場屋根塗装工事2
折半屋根は特に錆に対するメンテナンスが必要となります。金属ですので錆が酷くなる前に対応が必要となります。塗装とその他ボルトが飛んでいないかボルトが錆びていないかなどもメンテナンス時にチェックして対応が必要です。
塗装の流れ
塗装はまず錆を落とし、下塗りをしてから、中塗り上塗としていきます。
錆が酷くない時は棟だけですみますが、錆が酷く穴が開い雨漏りをしている時は、カバー工法での葺き替えが必要となります。