台風が去った後のお問合せ内容


台風は、2005年から2013年まで多くても3回くらいしか日本に上陸してませんでしたが、2014・2015年は4回、2016年は、なんと6回も上陸しています。今年は10月の時点で4回も上陸しており、台風による屋根の被害の発生も増えているのではと思いました。台風の被害を受けたお客様より、街の屋根やさん西宮店へご相談が多かった、案件をご紹介したいと思います。
カーポート屋根材破損
お問合せで一番多かったのが、カーポートや
テラス屋根の波板やポリカ板が飛んでしまったので対応をして欲しいというご連絡でした。実際お伺いすると、波板やポリカ板だけが飛んでいるお宅や、カーポートの骨組が強風でまがっているお宅もありました。
瓦の落下
瓦が落ちたというお問合せで、現場を見てみると、やはり雨漏りになっているお宅が多くみられました。瓦が数枚落ちただけと思っておられましたが、棟瓦も落ちてしまっているというお客様もいらっしゃいました。
板金のはがれ
屋根の棟板金が剥がれたり、飛んでしまったりしているお宅もありました。
ご迷惑
以上の様に、台風ではカーポートやテラス屋根、瓦、棟板金、雨漏りとさまざまな被害に遭われています。シーズンオフになる冬の時期に点検をお勧めします。
台風の対応の時、街の屋根やさん西宮店では、台風で雨漏り被害を受けたお客様を優先的に対応をさせて頂いております。
台風21号や22号で被害を受けたお客様へご不便をお掛けしている事と思います。出来るだけ早く対応をしたいと心がけておりますので、よろしくお願い致します。