台風の過ぎ去った後の屋根などのチェックポイントは?


台風シーズンになりました。天災は、想定外の事が多くて自然は怖いと改めて思い知らされました。
事前準備ができればよいのですが、台風が来ると聞いてから行動していたのでは遅いのです。
気になる箇所があれば、台風シーズンに入る前に早めのチェックやメンテナンスを!
台風の過ぎ去った後の建物は、ダメージを受けています。破損した箇所をそのままにしておくと劣化の進み具合が早くなったり、次の災害に耐えれなかったりもします。そんな被害を最小限にとお考えの方は、やはり点検する事が一番よい方法です。

屋根調査
屋根瓦がズレていないか?
瓦・スレートに割れはないか?
漆喰(しっくい)が崩れていないか?
寄棟が崩れていないか?
板金が飛ばされていないか?固定されている釘が浮いたりしていないか?
物が飛んできてぶつかった後がないか?

外壁などの剥がれ
軒や外壁などの剥がれがないか?
排水溝チェック
陸屋根の排水溝などにゴミや葉っぱなどが詰まっていないか?
陸屋根の雨漏り
屋根は最も暴風による被害を受けやすい場所です。建物において屋根は重要な場所です。台風の後のチェックは念入りに行うほうがよさそうですね。

(危険ですから、高所作業などは、専門業者にお任せください。)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599