西宮市 台風被害 倉庫 屋根補修工事


スレート屋根ケラバ修理1
西宮市のお客様より、台風20号の被害にあわれたとの事です。現場は、倉庫のスレート屋根が飛んで落ちて来たしまったので見に来て欲しいとご連絡を頂きました。
飛ばされた部分の名称はケラバと呼ばれている部分です。
スレート屋根ケラバ修理2
ちょうど屋根の端っこを覆う場所の部分ですね。スレート屋根は年数がたつにつれて劣化してきます。ビス穴が割れたり、ひびが入ったりしてしまい、台風などの強風によって飛ばされたり、割れたりしてしまいます。
スレート屋根ケラバ修理3
今回はこのケラバの部分だけでしたので、ハシゴでの作業でケラバを取付ける事が出来ました。
スレート屋根ケラバ修理6
新しいケラバと留め具で固定します。これで雨が入ってくることは有りません。


スレート屋根ケラバ修理7
留め具をコーキングでしっかりと補強した所もあります。
今回はケラバの端の所で、下から見上げるだけで確認がお客様でも出来ましたが、倉庫や工場の波板スレート屋根の場合屋根の真ん中などに穴が開いてしまってもけっして、自分屋根に上ることはしないで下さい。プロである、私たち業者でも、気を付けなければ危険な屋根です。けっしての登らないで下さい。
倉庫や工場の波板スレートのご相談は街の屋根やさん西宮店へご連絡下さい。