塗料の種類


ペンキ職人
屋根や外壁に使用される塗料の種類は4種類あり、溶剤は種類有って、タイプも2タイプあります。
塗料は・アクリル樹脂塗料・ウレタン樹脂塗料・シリコン樹脂塗料・フッ素樹脂塗料です。
希釈のタイプで水性タイプのものは水で薄めます。油性タイプで溶剤(シンナー系)を使用するものの2種類があり、1液タイプと2液タイプの2種類があります。
アクリル樹脂塗料
アクリル樹脂塗料の特徴は無色透明で電気絶縁性があり、光沢性にすぐれ、高温の変色に強い特性がある反面、耐久性は短かいため、メンテナンス(点検や塗替え)を細目にして頂く方にお勧めです。
ウレタン樹脂塗料
ウレタン樹脂塗料は一般的な塗料です。
木製部にはとても相性が良いです。モルタルやコンクリート、アルミ、鋼材、亜鉛メッキ面にも塗装が可能です。
耐候性、耐水性、耐油性にも優れており、床材などにも使用されてます。
シリコン樹脂塗料
シリコン樹脂塗料は光沢のある、塗装表面が硬いのが特徴でこれは、塗装膜の表面がガラス質になるためです。防水性、防汚性が高く、耐久性あり、塗膜の膨張やはがれが少ないので、建物の結露防止にもなります。
コストパホーマンスに優れているので大変お勧め出来る塗料です。
フッ素樹脂塗料
フッ素樹脂塗料は長期間の塗替えをしないビルやマンションの塗料に最適です。光沢感があり汚れにくく、耐候性、耐久性を両立させていることが特徴で値段も高いですが、長持ちする塗料です。
塗料にも種類と特性があります。塗替えを検討される時は、
街の屋根やさん西宮店へご相談下さい。