梅雨時期に気を付けてほしい雨漏り


こんなことになってませんか?

雨漏り
梅雨やゲリラ豪雨、台風の後で天井壁にシミが出来たり、壁紙が剥がれたりして、雨漏りだとはっとされることがあると思います。

雨漏りはこうして起ってます

雨漏りの状態
雨漏りは、屋根材の劣化や破損、防数位シートの劣化、野地板の腐食によって雨水が伝って天井や壁などの目につくところに現れてきます。雨漏りを発見するには、時間がかかります。屋根材が劣化などで雨水が浸透しても、防水シートで食い止められ、防水シートから浸透しても野地板、断熱材とつたっていくので梅雨や大雨、台風の時には雨漏りに気が付く事になりますね。
表面化していないので気づいた時には木が腐食してしまったりとメンテナンスにお金がかかってしまう事もあります。

雨漏りの原因

雨漏りの原因
一つは少しの不具合でも屋根からの雨漏りの原因になります。屋根材のズレや割れ棟板金の浮、金属屋根のサビなどがあります。
次に原因として思われるのは屋根以外の場所が有ります。外壁と外壁の間のコーキングが
劣化や外壁のクラック、ベランダやバルコニーが水がたまりやすい構造のときは要注意です。
3つ目の原因としては、台風や暴風雨などの特殊な原因による雨漏りです。

お家がダメになります

雨の侵入は家をダメにする
雨漏りは家をダメにしてしまう恐れもあり、カビや腐食の原因です。そして何よりも、雨漏りに気が付いた時はもしかしたら、柱や梁にダメージを与えてしまっているかもしれません。
みなさん、そんな事になる前にお気軽にご相談下さい。
街の屋根やさん 西宮店へ