西宮市 和瓦と洋瓦の違いは何でしょうか?


瓦屋根
和瓦は土や粘土で形成し、高温で焼かれます。又、形は緩やかな波形の為、JapaneseのJを取ってJ形瓦とも呼ばれます。又、産地により成分や色は変わります。いぶし銀や釉薬によって青色やべっこう飴の様な黄土色をしたもがあります。
棟瓦漆喰
洋瓦は最初は輸入された瓦の事を言ってました。明治時代に洋館建設の為フランスの瓦が輸入された後、フランス人技師が横浜で製造を始めたと言われています。大正時代になるとスペイン製の瓦が輸入され大流行したそうです。

F形瓦
フランス発祥のF形瓦です。
輸入され始めた瓦は長方形の形をしていましたが、現在では正方形に近い形になっています。F形のFはFlat(フラット・たいら)のFです。フランスのFではありません。
S形瓦
スペイン発祥のS形瓦です。
輸入され始めた瓦は上丸瓦と下丸瓦でした。日本でこの形が考案されたそうです。瓦を正面真横から見るとS字に近い形をしている瓦です。瓦の色も独特で、オレンジや赤ともとれる特徴的な色をしています。
洋瓦と言いても日本製の瓦です。屋根を葺き替える時の選択肢の一つにお考えください。