家を建てる時には、屋根の形・デザインを考えましょう。


切妻屋根
屋根は、家の外観のイメージを大きく左右する部分になります。家を建てたら 屋根の形が気に入らないから、違う屋根にしよう!とは費用もかかるので実現しにくい場所です。

誰もが、家の屋根の絵を書くのは、四角い建物の上の三角の屋根の絵を書く方が断然に多いと思います。

その三角屋根の形が 切妻屋根(きりづまやね)と呼ばれる屋根の形になります。
シンプルな形です。傾斜をつけやすく雪や雨に強い。デザイン性は、低いです。
屋根
材質は、スレート屋根です。瓦屋根より建物にかかる重さの負担は軽いです。

屋根の形で建物の印象は変わりますが、メンテナンスの事を考えるとシンプルな屋根が一番いい様に思います。
陸屋根
陸屋根(りくやね)
陸屋根は、陸という名前の通り、傾斜のない水平な形の屋根です。木造住宅には向かない為 一軒家の利用は少ない屋根となります。
陸屋根雨漏り
陸屋根は、屋根が水平なので雨水が溜まりやすく、メンテナンスを怠ると雨漏りする確率はなります。
しかし、屋根のスペースは有効に使えます。
洋瓦
洋風の赤い瓦屋根 
家を建てる時には、屋根の形・デザイン・屋根の材質
考える事がたくさんあります。