海外の屋根を見てみよう!西宮市


日本家屋の屋根といえば瓦ですよね!
でも日本以外の国の屋根って一体どんな屋根材を使っているんでしょうか?

今回は海外の屋根をのぞいてみたいと思います!
伊丹屋根現場調査1
日本の一般的な瓦といえば左の写真のような瓦が多いですよね。

災害などに強いスレートやガルバニウムといった新しい屋根材も登場していますが、やはり日本家屋といえば瓦屋根を思い浮かべる方が多いと思います。


ヨーロッパの屋根

うろこ屋根
ヨーロッパ特有のうろこ屋根です。フランス東部やアルザス地方などでしか見られない屋根だそうです。

角が丸くかわいらしい雰囲気になりますね。
日本では店舗の屋根などに使用されているイメージがあります。



うろこ屋根
左のような粘土製の平形瓦です。
その土地特有の土を使って焼き上げるため、瓦の色は地域によって変わります。ヨーロッパの土は鉄分が多いため自然と赤い瓦に焼き上がるのだそうです。

アジアの屋根

屋根 台湾
左の写真は台湾の寺社の屋根です。
豪華絢爛な屋根ですね!

見えにくいですが、茶色っぽいオレンジの瓦が使われています。
おそらく平瓦と丸瓦を組み合わせる本葺瓦だと思われます。
日本でも本葺瓦は寺社などで多く目にします
台湾 屋根 装飾
屋根の装飾も派手ですね!
どのようにつくられているのか気になります。
いかがでしたか?国によって瓦の色や形もさまざまに変わります。あなたの家の屋根瓦も町の景観に大きく関わっているかもしれません。日頃からなかなか気にかけることのない屋根ですが、こまめにメンテナンスをして綺麗な屋根を保ちましょう!


屋根に関するお困りごとならお気軽にご相談くださいませ!
下見・見積は無料です!