屋根の防水紙ってなに? 尼崎市


屋根の防水紙
屋根の防水紙とは屋根材と野地板の間にルーフィング材を入れなければ、雨水が野地板にしみ込み垂木や、天井などにシミができたり、雨漏りの原因になっていまします。
そこでこの防水紙=ルーフイング材を屋根材と野地板の間に入れる事により、雨の侵入を防ぎ、屋根自体の寿命も長くなります。

ルーフィング材のもっとも使用される種類は2つです。
アスファルトルーフイングと呼ばれるもので、フェルト状の原紙に道路なのでおなじみのアスファルトをシミこませたもの。もうひとつは、改質アスファルトルーフイングでポリマーや天然アスファルトを加えて、耐久性などの性能を向上させたもので、こちらの性能の方が良くなっていま
す。

屋根ルーフ止 タッカー
タッカー止でルーフ材を止める場合、タッカーは大きなホッチキスのような物なので、小さな穴が出来ます。その穴により、雨の侵入が懸念されますが、改質アスファルトルーフイングであれば、防水性、耐久性にも優れているので、ご使用されるお客様が増えています。

粘着ルーフ材
アスファルトルーフイング材でも上のような商品ですと粘着性のあるものなので野地板に粘着で密着させる為、タッカー止ではないので穴が開く心配はありません。耐久性はやはり改質アスファルトルーフイングの方が上です。
ルーフイング材施工
最近の屋根の人気はガルバリム鋼板の屋根になっているので、屋根材の寿命も長くなっています。だからこそ、縁の下の力もちの防水紙こそ、耐久性のある商品がお勧めです。その中でも、一押しは改質アスファルトルーフイング材です。
屋根の葺き替えをご検討されているお客様は、ぜひ防水紙についてもご検討をお願い致します。ご質問はお気軽にご連絡下さい。