屋根維持費用 コストパフォーマンスの良い屋根材


屋根の維持費
屋根は家を守ってくれる大切な役割をしてくれます。そんな屋根もメンテナンスは必要です。屋根のメンテナンス費用は高価なものになりってしまします。そこで、屋根を葺き替えをお考えの時は、今後の維持費用を考えて屋根材を選ぶことも一つの出費削減になると思いますので参考にして下さい。
天然石粒仕上屋根材
大変コストパフォーマンスの良い屋根材です。
ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板があり、表面に細かい天然石の粒を吹付けている屋根材です。耐用年数が30年〜50年と長く、基材のメーカー保証も30年〜50年です。耐震性、防水性、断熱性、遮音性もあり、10年毎の塗装の心配もありません。
メンテナンス費用がほとんどかからないので、初期費用が少し高くても長い目で考えるとお得な商品だと言えます。
ハイブリッド瓦
ハイブリッド瓦のルーガは新素材を用いているので耐候性にも飛んでおり、メーカーのテストで30年経過しても色褪せしない実験結果がでており、メンテナス費用がおされられます。又、屋根の施行も従来の土葺ではなく釘を用いた乾式工法採用により軽量化しております。割れにくく、雨水も水切り計上により排出します。

瓦屋根
瓦屋根は比較的耐用年数が長いのはよく御存じかと思います。しかし、瓦はメンテナンスをコマメにする必要があります。例に挙げると、瓦が割れている、ずれている場合や漆喰が落ちている場合などついつい見逃してしまいがちですが、放っておくと雨漏りの原因になります。
また、土葺きの為耐震性は低くなりってしまいます。
屋根材によってコストパフォーマンスが変わってくるのがお判り頂けたでしょうか?
屋根の葺き替えの時の参考にして下さい。
屋根の葺き替えのご相談はお気軽にご連絡下さい。
街の屋根やさん西宮店まで