西宮市 屋根の勾配ってなに?


屋根修理5
屋根の勾配は屋根の傾き具合です。(屋根がなだらかな屋根だっだたり、スキーのジャンプ台の様な急な傾きの屋根など)
屋根と言えばすぐに思い浮かぶのは三角屋根ですよね。▲の勾配は雨水を流すために必要なのです。
屋根の勾配に単位が有ります。その単位は3つ有り、【寸法勾配】【分数勾配】【角度勾配】というものです。
1寸1尺
寸法勾配(すんぽうこうばい)とは尺貫法勾配とも呼ばれます。
一寸と言えば3.03㎝とすぐに答える人が少なくなった現代ですが建築の世界ではまだまだ一寸一尺と言った寸法が根付いています。
水平距離10寸に対して高さが何寸有るかを
表します。
例えば10寸に高さが3寸であれば3寸勾配の屋根だと言うことになります。
分数勾配とは寸法勾配と同じ考え方で、水平距離と高さを分数で表し、約分された表記です。
角度勾配とは屋根の勾配を角度で表したものです。

屋根材によって違う必要な勾配

伊丹市屋根材張り作業9
金属屋根材の必要最低勾配は1寸勾配以上です。
平葺や横葺の場合は3寸勾配以上必要となります
塗装
スレート屋根材の必要最低勾配は3寸勾配以上です。
屋根葺き替え工事前
瓦の屋根は必要最低勾配は4寸勾配以上です。
4寸勾配以上であれば、どの屋根材でも使用が可能です。但し、軽い屋根材から重たい屋根材への葺き替えは耐震性の関係で出来ないのでご注意が必要です。