屋根の棟板金が台風で外れました。


棟板金外れる
10月の台風で棟板金が外れて庭に落ちています。修理できますか?とご相談をいただきました。

棟板金とは・・・どこの部分かといいますと、スレート屋根の一番尖った部分にかぶせる金属の山形の板の事です。

この棟板金がないと屋根の一番上です。水がはいいてきます。蓋をするのです。出っ張るている部分ですので、台風などでは壊れやすい部分ではあります
棟板金
屋根に登ってみますとよくわかります。飛んで外れた棟板金がありません。雨が降ったらこれでは、雨漏りの原因となりますね。
棟板金修理
凹んだ棟板金をたたいて戻します。板金屋さん腕の見せ所です
急いで修理に取り掛かりました。
棟板金修理中
コーキング
継ぎ目にもコーキングをのせます。
コーキングでふさぐ
コーキングで、釘後などをふさぎます。
棟板金修理完了
綺麗に仕上がりました。棟板金の修理が完了しました。これで雨が降っても安心です。

お客様も、心配事が減りましたと大変喜んで下さいました。

施工後写真を、お見せし大変興味深く自分ちの屋根をご覧になっていました。屋根の上は、見る事ないので興味があったようです。