屋根の塗装 春が最適の季節です! 街の屋根やさん西宮店


屋根塗装
塗装は塗料のメーカーより気温が5℃以下時や湿度が85~90%以上の時は施工は適さないそうです。また、高温(40℃を超える)であれば塗料の蒸発が早いので塗りにくくなってしまいます。
梅雨台風
梅雨や台風の時期は天候に左右されるので塗装が出来ない事が多くなるので塗装するのに向きません。湿度も高くなり、ゲリラ豪雨も気になる時期ですね。梅雨に入ると7月中旬の梅雨明けまで塗装は出来ませんし、梅雨明けから8月の猛暑になるまでに塗装を終えたいため、施工が込み合っている時もあります。
塗装にいい季節
塗装に最適な季節はやはり、気持ちの良い春や秋になります。
春は少し肌寒い日があるかもしれませんが、塗装をするのに5℃以下になることは日中はほとんどありませんよね。季節の変わり目の菜種梅雨を越せばお天気も安定してきます。
秋は台風が過ぎ去れば秋晴れの日が比較的多く、気温もちょうどいい頃なので全く心配のない季節です。
気候の良い季節に塗装を行うメリットは、窓を閉めたままにしていても暑くなく過ごせる事ですね。真夏などの時は
屋根塗装完成
今の季節が屋根の塗装をするのに良い時期だと思います。ぜひ、屋根を塗装を検討の時は、街の屋根やさん西宮店へご連絡下さい。