屋根裏の換気の必要性 西宮市


屋根裏
屋根裏とは野地板(屋根の裏側の板)~天井までの空間ことを言います。呼び方が屋根裏・天井裏・小屋裏とも呼ばれます。違う場所の様に聞こえますがすべて同じ場所の事です。
屋根裏結露熱上昇
寒くなると、外気と室内温度差ができることによって屋根裏に結露が発生します。夏は、屋根からの熱が屋根裏に伝わり熱がこもり、その熱が室内までも暑くしてしまいます。
この様な状態の解決には、結露と暑さ対策には換気が必要です。
棟板金の換気
金属性の屋根には、棟板金で換気できる、換気棟というもが有ります。普通の棟板金をこの換気棟に変えることにより、屋根裏の自然換気が出来ます。
妻ガラリ
新築の家では最初から屋根裏の壁に妻ガラリというものを取付けて、自然換気をしています。後からの取付は壁にガラリの大きさ分の開口が必要になります。
LIXIL軒下換気孔
軒下に換気孔を付けることにより、換気の効果が増します。
また、屋根の外側や屋根裏を断熱することにより、結露や断熱の効果がましす。
屋根を長持ちさせるには、屋根裏の換気が必要です。
屋根の結露や断熱のご相談は街の屋根やさん西宮店へご連絡下さい。