屋根工事コラム


カーポート波板

台風で波板が飛んだので飛んでしまったので見に来てほしいとご相談をお受けしました。カーポートは25年くらいになるそうです。昔の波板は塩化ビニール製の波板が一般的使われていました。塩化ビニールの波板の特徴は衝撃や熱に弱い反面やわらかいので取扱易いという利点もあります。

波板張り替え

外壁塗装をさせていただくお客様より、足場があるうちに・・・と2階テラスの波板張り替えや雨樋いの交換もお願いできますか?とお問い合わせがあり、2階のテラス屋根波板張り替えと尼樋い交換工事もさせて頂く事となりました。大阪府尼崎市

外壁塗装

外壁塗装工事をさせていただきました。10年に1度塗り替えできたら家も長持ちすると思います。通常ウレタン塗料を利用されるのですが、お客様の次の塗り替え時期を延ばしたいという、こだわりによりワンランク上のファインシリコン塗料をお選びになられました。大阪府尼崎市

屋根雨漏り

今回は、雨漏りのご相談でした。屋根に上ってみると、屋根瓦が割れてささくれ始めていました。これは、雨漏りするはずです。全部瓦の葺き替えでなくお客様と打合せをして、一部葺き替えすることで様子を見る事となりました。屋根の上の現状を写真にてご覧いただき確認していただきました。普段屋根を見ることがないので、雨漏りする...........

スレート屋根修理2

工場などの屋根でよく見かけるグレー色の大きな波板の屋根材のことを波板スレートと言います。この波板スレートについて簡単な説明をします。工場で見かける波板スレートは昔は、アスベストが含まれていました。2004年以降は製造が終了され、現在では、ノンアスベストで繊維強化セメントで各メーカーより製造販売されています。

波板張り替え前

波板張り替え工事の見積もりしたお客様から、工事の依頼がありました。皆様ご存じと思いますが、波板は名前の通りになみなみになっている屋根材です。やま谷やま谷都連続した1枚板。種類は色々あります。塩ビ(塩化ビニール)波板、塩ビ硝子ネット、ポリカ波板、ポリカ クロスライン、テラスの屋根材を選ぶときのポイントのご参考...........

補修が必要な屋根

左の写真で屋根の補修が費用と思いますか?ぱっと見た感じでどう思われましたか?この写真では雨樋が瓦から離れているのが解りますよね!雨樋が外れて雨水が壁をつたい流れている後も見られますね。これでは、雨が壁に浸み込みやすく壁を傷めます。この写真をよく見て行くと注意する点が多くあります。

テラス屋根波板

テラス屋根の波板は波板フックというもので止めています。テラスの横桟に波板フックで波板を留めてます。ワンタッチフックと呼び、横桟の穴に通しネジルとしっかりポリカの屋根材を固定してくれるものです。見た目はおもちゃのボタン見たいなものです。

棟板金

棟板金とはどこかお分かりですか?屋根材と屋根材の上にかぶせをしているもを言います。絵の矢印の所が棟板金です。台風の後や強風の後で、この棟板金がめくれてしまったり、飛ばされてしまったりすることが有ります。考えられることは板金を止めている釘が浮いてしまっている所に強風であおられてしまうためです。

雨漏り施工前

屋根の雨漏り台風時に雨漏りした箇所を水を掛けて確認し後日、家と屋根の隙間を防水処理(コーキング)しました。スレート屋根から台風時に雨漏りした箇所をお天気の日に、水を掛けて確認しました。どこから雨漏りしているのかを確認する作業です。雨漏りしている箇所を、探し出し修理の方法を考えます。防水処理(コーキング打ち)...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599